読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DELL(デル)のPCは絶対に買ってはいけない

DELL(デル)のパソコンは絶対に買ってはいけない。あまりにもひどいサポートに驚きと怒り。その一部始終をお話します。どうか私のような被害者がこれ以上、増えませんように。

【第3話】納期遵守は日本的な考え方?募る不信感。

前回までの記事はこちら
【第1話】初期不良の相談をしたらDELL(デル)サポートに怒られた話
nodell.hatenablog.com
【第2話】DELL(デル)サポートとのファーストコンタクト
nodell.hatenablog.com

サポート内容の変更によってまたイチからの製造

日本の企業であれば、製造工程に問題が生じて、当初の納品日よりも大幅に遅れる場合、メールなどで連絡が来るだろう。ましてや私の専任の営業担当がいるDELL(デル)であればなおさら、それくらいのことはできなかったのか疑問である。

そのいい加減さに対する不安は、残念ながら次第に商品に対しての不安に移ってきた。そこで、通常保証に加えて延長保証を追加で付けようともう一度、営業担当に連絡をすることにした。

今回も当然、リーさんが電話にでる。

たどたどしいが、こちらの要望は理解してくれたようで安心できた。
だが、パーツの構成変更ではなく延長保証といったサポートの追加でも、変更が生じた時点で、そのオーダーはいったんキャンセルになるとのこと。
つまり、製造が完了し、いままさに日本に向けて出荷されようとしている私のALIENWARE R17は工場に戻され、パーツをばらしてしまうというのである。そして、構成は全く同じながら、延長保証を付けたパソコンは別行程として全く新しく製造がされる

ここで一つ意地悪な疑問が生じてくる

延長保証を付けるパソコンとそうでないパソコンではパーツが異なるのではないかということである。
当然、延長保証が付いているパソコンが壊れなかった場合、DELL(デル)としては儲けになる。
反対に延長保証が付いていないパソコンについては極端に言えば通常保証が終了後はいつ壊れてくれてもDELL(デル)としては関係ないのである。

自分でも少々、うがった見方かと思うが、そう思ってしまうような営業担当の説明であった。だが、日本語能力の問題もあるのだろう。
お国柄とは言え、そういったことは無いと思いたい。

筒抜けの個人情報

延長保証を追加した支払いについて、リーさんは「私の画面でカード番号が確認できるので、同じカードあれば、こちらで手続きします」と言ってきた。

私の営業担当なので個人情報が筒抜けなのは分かるが、カード番号を簡単に見ることができ、決済も営業担当がやってくれるとは、便利を通り越して、正直、気持ち悪かった

営業担当への募る不信感

私の都合による変更で、1月28日のALIENWARE R17のオーダーがキャンセルされ、2月9日に再オーダーとなった。
オーダーステータスは信用できないが、気休めに確認だけしておこうと思い、「オーダー番号」が分からないことに気づく。

ネットからの注文であれば自動返信メールで注文内容の書かれた注文請書とオーダー番号が伝えられるが、今回は注文請書すら送られてきていない
そもそも自分から聞かなくてはいけないものなのか疑問も感じたが、営業担当に問い合わせてオーダー番号を教えてもらう。

教えてもらったオーダー番号で確認するとオーダーステータス上は「製造の準備中」。
納品日は記載されていなかったが、リーさんは「3月2日頃の納品」となりそうのこと。


そして、約2週間経った2月28日にオーダーステータスを確認してみると、「製造の準備中」から「製造工程に遅れが生じています」に変わっていた。
これはキャンセルになった1月28日のALIENWARE R17のときと同じ状況。まさにデジャブである。

DELL(デル)としてもオーダーステータスは全く正確なものではなく、気休めと考えているのだろうが、こっちはそんなことはない。
当然、不安になり、営業担当に再度、連絡をする。

リーさんは、「申し訳ありません。遅れています。急ぐように工場に私から連絡します」と何度も何度も繰り返すばかりで埒があかない。
そんなことはオーダーステータスの画面に書いてある。どうやら本人もその画面をみて言っているだけの様子。

遅れが生じるのは日常茶飯事で、納期遵守といった日本企業的な考え方は全くないようだった。

その後、3月6日になってようやくオーダーステータスで納品日は3月13日と確認できた。

正直、このあたりから、営業担当への不信感は募ってきた